イボコロリ内服錠 効果

イボコロリ内服錠の効果はどうなのでしょうか。イボコロリには種類がある?イボコロリ内服錠の効果や飲み方のポイントをおさえておきましょう。
MENU

イボコロリ内服錠の効果は抜群!?内服で治したい方に!

薬を飲むのが好き!という方はそんなに多くはいないと思いますが、それでも今ある症状を抑えられるのなら飲むという選択をする方が多いのではないでしょうか。

 

貼り薬や塗り薬に比べて、内服薬は身体の内側から身体全体に浸透するというイメージはありませんか?

 

じわじわとゆっくり効果を発揮することの多い内服薬でイボを改善させたいという方は、イボコロリ内服錠のような内服薬がおすすめです。

 

イボコロリ内服錠はイボへアプローチするだけではなく、肌全体にアポローチをかけて肌荒れを改善にも期待がもてます。

 

そんなイボコロリには内服錠だけではなく、多くのシリーズがあるのはご存知でしょうか。

 

ここではイボコロリ内服錠の効果を知るとともに、イボコロリのシリーズの中でどれが自分に合っているのかを見つけてみてください。

 

イボコロリ内服錠の効果とは

ではイボコロリ内服錠の効果や飲み方をチェックしていきましょう。

 

ポイント1:効果
イボコロリ内服錠は、イボや皮膚の荒れに効果をもたらします。

 

首や顔にできたイボに対して飲んで治す治療薬として人気の商品です。

 

特におすすめなのが、首、顔、お腹や背中といった皮膚の柔らかい部分にできるイボが気になるという方や、皮膚の荒れが気になるという方に効果を発揮します。

 

イボコロリ内服錠は大人1日の服用量に対してヨクイニンエキスが1998.0r配合されています。

 

イボコロリ内服錠を服用して、1ヵ月程たっても症状がよくならない場合は、使用を中止し医師や薬剤師に相談をするようにしましょう。

 

またイボコロリ内服錠を服用するにあたって、病院にかかっている人や妊婦、アレルギー症状を起こしたことがある人は医師や薬剤師に相談をするようにしましょう。

 

イボコロリ内服錠に含まれるヨクイニンの成分により身体の内側から改善をしていくため、効果があらわれるには少し時間を要します。

 

イボコロリ内服錠は市販で手に入る第3類医薬品なので、手軽に購入することができるのが嬉しいですね。

 

ポイント2:飲み方
では次にイボコロリ内服錠の飲み方をチェックしておきましょう。

 

イボコロリ内服錠は5才未満は服用することができません。

 

7才未満5才以上で1回3錠、15才未満7才以上で4錠、15才以上で6錠を、1日3回服用します。

 

飲むタイミングは食前もしくは食間に服用するようにしましょう。

 

15才以上の大人だと、1回6錠を1日3回服用するので1日に18錠飲むことになりますね。

 

多く飲んだからといって症状が早く良くなるものではないので、用法容量はきちんと守って安全に服用するようにしましょう。

 

イボコロリシリーズ

イボコロリ内服錠の他にも、イボコロリにはシリーズ販売がされています。

 

イボコロリという名で販売していても効能や作用がそれぞれチェックしておきましょう。

 

ポイント1:イボコロリ液体タイプ
液体タイプは、魚の目、イボ、タコに効果のあるものになっています。

 

イボコロリ液体タイプにはサリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した医薬品で、第2類医薬品に分類されます。

 

1日に4回、キャップに付属されている棒で、1滴ずつ患部に塗布していき、だいたい3〜4日間塗布を続けると患部が白く変化したところで、ピンセットで取り除きます。

 

気になる患部に直接塗布することができるので、集中的に治したい方におすすめです。

 

ポイント2:イボコロリ絆創膏
イボコロリ絆創膏は液体同様、魚の目、イボ、タコに作用します。

 

絆創膏には保護パッドが付いているため、その部分で患部を覆うように貼っていきます。

 

保護パッドの中心部に、角質軟化剤のサリチル酸が含まれているため、患部からずれることなく貼るようにしましょう。

 

イボコロリ絆創膏はSMLと3つのサイズに分けられているので、気になるイボの大きさに合わせてサイズを選ぶことができます。

 

イボコロリ絆創膏は2〜3日程で患部が白く変化するので、白く軟化して剥がれ始めたらピンセットなどで取り除くようにします。

 

どうしても患部が気になってしまう、ついつい触ってしまうという方は、この絆創膏タイプのものがおすすめです。

 

イボコロリ内服錠の効果は抜群!?内服で治したい方に!:まとめ

イボコロリ内服錠の効果は、内側からじんわりと作用してゆっくりと患部に行きわたるのが特徴的です。

 

特にイボだけではなく、肌全体の荒れも気になっているという方に向いている薬と言えるでしょう。

 

イボコロリにはシリーズがあるので、自分のイボや肌悩みに合ったものを選んで使用しましょう。

このページの先頭へ