クリアポロン 成分

クリアポロンにはどんな成分が入っているのででしょうか。その成分はどんな効果をもたらすのかも気になるところ!成分と効果を合わせてチェック!
MENU

クリアポロンの成分は?どんな成分が含まれているの?

肌に付けるものだからこそ、どんな成分が入っているのかは知っておきたいですよね。

 

敏感肌や刺激に弱いという方なら、なおさらのことだと思います。

 

クリアポロンはオールインワンジェルとして、首元のイボに使用するのはもちろんのこと、全身に使用することができます。

 

イボ専用アイテムとしてだけではなく、肌の保湿をする役目や、ざらつきやポツポツを解消する効果に期待がもてる商品です。

 

そんなクリアポロンにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

 

クリアポロンの成分を知ろう

クリアポロンは93.1%の方が使って満足と感じている商品です。

 

また、継続して使いたい方は87.8%、悩みの解決を実感をしている方は85.9%、うるおいの使用実感は93.1%といずれも高い割合になっています。

 

顧客満足度が高めのクリアポロンにはどのような成分が含まれているのか、ますます気になりますよね。

 

クリアポロンは首元のポツポツやザラザラに対して、どうすれば美肌になるのかというのを徹底的に調べて辿り着いた手法を取り入れています。

 

それをクリアポロン独自のトリプルスポット方式ケアと呼び、その名の通り3つに分けてケアをしていきます。

 

どんなケアにどんな成分が使用されているのかを見ていきましょう。

 

チェック1:デリケートフラットケア
このケアでターンオーバーのサポートを行い、出来てしまったイボに4種類のイボケア成分が効果を発揮します。

 

その成分というのが、Wヨクイニン(脂溶性ハトムギ油、水溶性ハトムギ油)、あんずエキス、ダーマヴェールです。

 

特に注目すべきなのはWヨクイニンで、脂溶性と水溶性の力によって硬くなった角質に塗ることでポロポロとイボをとってくれる効果があります。

 

チェック2:インナースキンケア
美容成分を肌の内側までしっかりと浸透させて、肌の透明感を保ちます。

 

透明感に対する成分は3種類で、ビタミンC誘導体、プラセンタ、アラントイン、さらには潤いを保つための成分が、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン、トレハロースの5種類が配合されています。

 

これらの保湿&透明感を保つ成分により、イボがとれた後のケアもしっかりと行うことができます。

 

チェック3:バリアリターンテクノロジー
このケアはターンオーバーのサポートと肌のバリア機能をサポートしてくれます。

 

オリゴペプチド、リンゴ果実培養細胞エキス、プロテオグリカンといった成分により、年齢肌ケアもしてくれます。

 

年齢と共に少なくなってしまう成分を補いつつ、バリア機能を高めることでふっくらとした肌を実現してくれます。

 

他にも気になる成分たち

上記の成分以外にも、植物由来の成分が配合されています。

 

アルテア根エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキスといったオーガニックの成分や、アロエエキス、キュウリ果実エキスが配合されています。

 

これらの成分はよく化粧水などに含まれていることがあるので、知っている方も多いかもしれませんね。

 

保湿や消炎効果のある成分が含まれているため、スキンケア成分としてはもってこいのラインナップとなっています。

 

さらにおさえておきたいのが、クリアポロンは敏感肌や乾燥肌の方にも使用してもらえるような低刺激処方となっていることです。

 

そのため香料、鉱物油、着色料、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤不使用となっています。

 

全身に使えるものだからこその配慮であり、刺激が少ないというのは消費者としては嬉しいですよね。

 

クリアポロンの成分は?どんな成分が含まれているの?:まとめ

クリアポロンに含まれる成分を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

イボのできやすい首だけではなく、顔や腕などにも使用することのできるクリアポロンは、成分を惜しむことなく配合し、イボケアだけでなく保湿ケアにも力を入れていることがわかります。

 

愛用者の声を見ていても使用感が気に入っているという方が多いのも納得の成分配合と言えますね。

このページの先頭へ